2社間と3社間のファクタリング比較

subpage1

設備資金の場合、事業を行うためには欠かせない装置やパソコンなどを導入するためのコストで、これらの価格交渉などにより費用を節約できることもゼロではありません。

ファクタリングの専門サイトのココです。

開業時の資金は、ビジネスをスタートさせるまでにかかるコストの総称です。



運転資金は開業後の会社経営にかかわるコストの総称で資金を回すためのコツは、売掛金の入金が行われた後に仕入れなどの費用を払うように資金計画を立てることです。

これを循環させることで融資を受けることなく会社の経営が可能になるわけですが、このように上手く行かないのが会社経営でもあるわけです。

売掛金の入金前に、支払いが多く発生すれば手持ちの現金がないときは融資を受けなければなりません。


高額な融資を受けると、今度は毎月の返済額が増えてしまうなど悪循環を作り出してしまうリスクさえあります。ファクタリングは売掛債権を売却して、先に現金を受け取ることができる仕組みを持つもので、ファクタリング会社の中には2社間取引であれば当日中に支払ってくれるところも少なくありません。


なお、2社間取引は自社とサービスを提供する会社との間だけで契約を結んで債権譲渡を行うやり方で、売掛先の会社も含めて行う3社間取引もあります。

2つを比較すると2社間取引は現金化までの時間が短いのですが手数料が高めに設定されている関係から、受け取れる金額は低くなり3社間の場合は、手数料は安いけれども現金になるまでに時間がある程度必要など緊急度に応じてファクタリングの方法を検討されることをおすすめします。



難しくないファクタリング

subpage2

既に仕事を終えて入金待ちの請求書のことを売掛債権といい、これを決済期日より早く現金化できるのがファクタリングです。ファクタリングを利用するメリットはどのような所にあるのでしょうか。...

next

ファクタリングのおすすめ情報

subpage3

事業資金は事業を立ち上げや運営に必要不可欠な経費の総称です。会社を立ち上げる、新規店舗を立ち上げるとき、会社の中で必要な設備購入、お店の中で使う材料を購入するときなどなくてはならない存在です。...

next

大事なファクタリングの比較の事

subpage4

ファクタリングには代表的なものに2社間と3社間がありますが、両者を比較した場合どのような違いがあるのでしょうか?2社間でのファクタリングは3社間と比較して利用されることが多いのですが、その理由は売掛金発生先の取引先へ通知する必要がないからです。そのため、2社間での方法が主流となっています。...

next

ファクタリングの比較の学びたい知識

subpage5

ファクタリングは、主にキャッシュに乏しい中小企業向けのサービスを展開しており、簡単に言えば売掛債権を買い取ってくれるシステムです。商業の慣習においては、企業間同士で取引があった場合には、それが現金化されるまで約2ヵ月以上を要することもありますので、ファクタリングでキャッシュフローを確保することができます。...

next