トレチノインでシミ治療

美容皮膚科や美容外科で受けられる、シミ治療には色々な種類があります。その中で、特に気軽に始められるのが、外用薬によるシミ治療です。美白効果のある外用薬をまず処方してもらい、その後は自宅で塗るだけの治療法となっています。1度、受診し外用薬を処方してもらえば、その後何回も通院する必要はありません。

ですので、忙しい方でも外用薬での治療であれば、始めやすく続けやすいでしょう。外用薬によるシミ治療では、トレチノインがポピュラーに用いられます。トレチノインはビタミンA誘導体の1種で、ビタミンAよりも作用が100倍から300倍もあると言われています。浸透力も高く肌の1番奥にある、基底層という部分にまで作用するのが特徴です。

シミの原因となるメラニン色素は、肌細胞に沈着する事でシミとなります。トレチノインはメラニン色素自体を薄くする事は出来ないものの、肌のターンオーバーを促進させメラニン色素の排出を、スムーズにする事でシミを薄くしていきます。トレチノインは肌細胞を活性化させる働きがあり、どんどんと新しい肌細胞を作り出します。新しい細胞は古い細胞を皮膚表面へと押し上げて行き、最後には垢として古い細胞を剥がす仕組みです。

トレチノインで治療する事によって、メラニン色素を含んだ細胞が垢として剥がれ落ちるスピードが速まります。シミが気になる部分に外用薬を塗るだけの、簡単な治療法ですのでシミに悩んでいる方はトレチノインによるシミ治療を検討してみましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*