ハイドロキノンによるシミ治療

シミは1度できてしまうと、なかなか消す事ができません。美白化粧品でケアしていても同じです。実は美白化粧品などの基礎化粧品は、肌の1番上にある層「角質層」にまでしか、有効成分が浸透できません。ですので、その下にメラニン色素が沈着しているとい場合、美白化粧品でいくらケアしても消す事が難しいのです。

気になるシミを何とかしたいというのであれば、シミ治療を検討してみましょう。美容皮膚科や美容外科といった美容系クリニックでは、色々な種類のシミ治療を行っています。その中でもハイドロキノン外用薬による治療は、ポピュラーでしかも効果に優れているとして人気です。ハイドロキノンは別名「肌の漂白剤」と言われる程、美白効果に優れている成分です。

優れた還元作用がありシミの引き金となる、メラニン色素自体を薄くする効果を持っています。また、メラニン色素を作り難くする作用もある事からシミのより効くのです。外用薬を毎日塗るだけという、簡単なシミ治療なので続けやすいでしょう。ただ、ハイドロキノン外用薬を塗った後に、紫外線を浴びてしまうと、いつも以上にダメージを受けてしまいます。

朝にハイドロキノン外用薬を塗ってしまうと、その部分が逆にシミとなってしまうケースがあるのです。ですので、ケアは夜の洗顔後に行うのが基本です。ハイドロキノン外用薬は効果に優れていますが、正しく使用しないと副作用を起こす危険性もあります。医薬品という事を忘れず、正しい方法で使いましょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*