シミができてしまう原因と対処法

屋外などで紫外線を浴びると、体内にはメラニン色素が生成されます。本来紫外線は体に害となる存在なので、肌を守るためにメラニンが作られ、それにより日焼けを防止することができるのです。そして役目を終えると肌のターンオーバーとともに排出されていくため、理想的な状態を保てるようになります。しかし、このサイクルが少しでも乱れてしまうと上手くはがれることができなくなり、体内に残ったままとなってシミの発生へとつながっていきます。

はじめは薄くて目立たない症状だとしても、刺激によってどんどん濃くなったり範囲が広くなったりする可能性もあります。こういった状態をできるだけ避けるためには、外出時には紫外線対策をすることが重要です。仕方なく浴びてしまったあとは、メラニン色素が過剰に生成されるのを防いでくれる化粧品を使うだけでも、シミが作られる前にブロックすることが可能です。また、肌のターンオーバーが乱れてくるのには加齢やストレスなども大きく関係してくるので、サイクルを正常にするための保湿を心がけるのも大切なことです。

さらに、できたしまったシミに対しては、含まれるメラニンに働きかけ色を薄くしていくビタミンC誘導体などの美白成分を使用すると、気になる症状が目立たなくなっていきます。とはいえ、いくら効果がある化粧品だとしても、肌に塗って浸透させるときに刺激となってしまえば、そのせいでシミが濃くなる場合もあります。ケアしていて濃くなっていくなどの変化を認めたときは、美容皮膚科に相談するなど別の方法を考えるようにします。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*