シミを防ぐために、日々の生活の中で気をつけたいこと

シミの正体はメラニン色素と呼ばれる色素の過剰発生です。ですからシミの発生を防ぐためには、メラニン色素の発生を抑えることが有効です。では、どうすればメラニン色素の発生を抑えることができるかと言うと、これは肌に対するダメージを緩和するために発生します。そのため肌に対するダメージを軽減することが、メラニン色素の過剰発生抑制につながります。

肌に対するダメージで最も大きいのが紫外線です。紫外線を浴び続けると、活性酸素と呼ばれる物質が多く発生します。これは細胞にダメージを与え、たるみなどの様々な老化現象を引き起こします。それに対抗するためにメラニン色素も多く放出され、それがシミとなることも多くあります。

よって紫外線ダメージを防ぐためには、一年を通して日焼け止めを使用することが必要です。季節や日差しの強さ、また自分の肌の状態に合わせて、適切な日焼け止めを使い分けることが望ましいです。それから物理的なダメージでも、メラニン色素は発生します。たとえば洗顔やメイクの際に、必要以上の力を入れていると、それがきっかけになることもあります。

そのため洗顔やメイクの際には、できるだけ肌に直接、触れないようにすることが必要です。またどうしても肌に触れなければならない時にも、優しい力で触れることが求められます。またメラニン色素は、肌表面に表れてこなければシミにはつながりません。ですから肌の生まれ変わりであるターンオーバーの周期を整えておくことも必要です。

これには、規則正しい生活習慣が重要で、特にしっかりと質の良い睡眠をとることは必要不可欠です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*