ファクタリングのメリットとは

subpage01

既に仕事を終えて入金待ちの請求書のことを売掛債権といい、これを決済期日より早く現金化できるのがファクタリングです。


ファクタリングを利用するメリットはどのような所にあるのでしょうか。

ファクタリングのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

従来手形を発行して銀行で割り引いて資金化していましたが、最近は約束手形はあまり利用されなくなりました。そのため、長期間にわたる請求期日の取引もあります。

ファクタリングを使えば、急ぎで資金が必要であったり銀行融資が受けられないといった事情があっても、早ければ即日で売掛金を現金化できるのです。



期日がくれば現金化できる債権である強みを持っており、売掛金に悩まされている中小企業に行政が導入をすすめている制度であるという点も利点といえます。

ファクタリングは売掛金の買取であり融資ではないので、信用情報に影響はありません。


融資ではないので借入とはならず、財務内容が悪くなる心配はありません。

売掛先の了承を得ず対応することもできます。

ファクタリングで買取り形式を選択した場合、手数料を差し引いた金額を現金で回収できることになるので、売掛金が発生した取引先が倒産しても売掛金を回収するリスクを負わなくてもいいです。
一般的に審査は売掛金の取引先がポイントとなるので、審査は簡易となり現金化しやすいのも特色になります。



融資を受けるときのような連帯保証人を必要としたりすることがないため、緊急で資金が必要な場合に即時に対応できるメリットがあります。