どちらを選ぶ?ファクタリング2社間と3社間を比較!

subpage01

ファクタリングには代表的なものに2社間と3社間がありますが、両者を比較した場合どのような違いがあるのでしょうか?2社間でのファクタリングは3社間と比較して利用されることが多いのですが、その理由は売掛金発生先の取引先へ通知する必要がないからです。

ファクタリングの比較の知識が一目瞭然です。

そのため、2社間での方法が主流となっています。


2社間では売買手数料を支払いファクタリング会社からお金が支払われるので、取引先から売掛金が支払われたらその売掛金で振り込まれた分の支払いを行うという流れです。
対して3社間では自社とファクタリング会社、そして取引先の3社で契約を結ぶことになります。


この場合には取引先に資金状況を知られてしまうため、信用を失う可能性もありますし取引先の承諾を得る分時間がかかることもあります。



3社間の場合にはまず取引先に売掛金を請求し、売買手数料を引いたうえでファクタリング会社から振り込みを受け、その後取引先から売掛金の支払いが行われるという流れです。


両者を比較すると2社間であれば取引先の承諾を得る必要がない分現金化は早いのですが、リスクが高い分手数料は3社間に比べて高くなる傾向にあります。



3社間の場合は時間はかかりますが、債権回収に対するリスクが少なくなる分審査は通りやすくなり、手数料も安いのがメリットです。

もしも売掛金の現金化を考えているなら、スピードや審査また手数料なども含めたうえで検討し、契約を結ぶようにしましょう。