事業資金に困ったときのファクタリング

subpage01

事業資金は事業を立ち上げや運営に必要不可欠な経費の総称です。会社を立ち上げる、新規店舗を立ち上げるとき、会社の中で必要な設備購入、お店の中で使う材料を購入するときなどなくてはならない存在です。
事業資金の調達法には銀行の融資の他にも、ノンバンク融資やファクタリングなどの方法があるので、必要に応じて事業資金を確保できる方法を把握しておくと良いでしょう。


本来事業資金は売り上げから計上することが望ましい、融資を使わなければ借金をする必要がありませんし、健全経営ができることに繋がります。しかし、高額な資金が必要になることも少なくありませんし、特に新規参入や新しいビジネスを始める時には資金がなければ始まりません。

ファクタリングの相談ならココです。

ファクタリングは、将来現金化ができる売掛金を早期売却して現金を手に入れる資金調達法です。



融資とは異なり、自社への入金予定のお金をファクタリング会社が先に支払ってくれるシステムですから返済などが不要です。


ただ、注意すべき点はファクタリングには2社間取引と3社間取引があり、3社間取引では売掛先も巻き込んでの契約になるため将来的に売掛先の会社との関係が悪くなる可能性も考えておく必要がある点です。



ファクタリングのサービスを提供する会社により手数料に違いがありますので、手数料の比較を行うことも忘れないようにしましょう。さらに、信頼できる会社を選んで利用することも大切で悪質な会社も存在しているといいますので注意が大切です。